読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【シャドバ】低エーテルデッキレシピ集【初心者向け】

シャドバは無課金、CCNPに7万円溶かしました。
本業がシャドバな気がしてきた。おじょーです。

 

今回は、初心者にも組みやすく、そこそこ強いデッキレシピを7つご紹介いたします。
勝てるようになってくるとやっぱり楽しいですよ。

  • 消費エーテル6,000以下
  • 上記を満たすため、レジェンドカードは使用禁止。ゴールドカードは3枚まで。

各デッキのリンク先でデッキコードを発行できます。
発行したデッキコードをデッキ作成画面で入力すると、すぐに同じデッキが使えて便利です。

使ってみた感想などもあれば是非。

まずはオススメ度の高いレシピから。

アグロヴァンパイア

オススメ度:A(マスターランクでの使用実績があり、高ランクでも通用します)
生成エーテル:5,600

shadowverse-portal.com

  • 蠢く死霊 x3
  • 呪剣の吸血鬼 x3
  • ブラッドウルフ x3
  • 吸血姫・ヴァンピィ x3
  • ヴィオンデューク・ユリウス x3
  • 鋭利な一裂き x3
  • 眷属の召喚 x3
  • 群れなす飢餓 x2
  • 御言葉の天使 x3
  • 吸血貴・ヴァイト x3
  • デモンストライク x3
  • 夜の群れ x3
  • 死の舞踏 x2
  • インプランサー x3

私がマスターランクで愛用しているアグロヴァンプです。
吸血鬼の古城はフォレストバットを出したり大ダメージを期待できますが、眷属の召喚などと一緒に引けないと効果が期待できないため、単体で優秀なカードで固めました。
死の舞踏、デモンストームについても、序盤で手札に固まると動けなくなる恐れがあるため、この2種で合わせて2枚までにするといい感じです。(死の舞踏x2 or 死の舞踏x1+デモンストームx1 or デモンストーム x2)
プレイングとしては、序盤はコスト通りフォロワーを並べていき、4ターン目以降はとにかく相手のライフを削り切るためにハンドを使い切る勢いでプレイしていきます。
5〜6ターンで決着がつかなければこちらは完全に息切れしてしまいます。
鋭利な一裂き、デモンストライクは守護を無視してリーダーに攻撃できるため、終盤のトドメに取っておきたいところです。

疾走ガルラビショップ

オススメ度:A(マスターランクでの使用実績があり、高ランクでも通用します)
生成エーテル:5,600

shadowverse-portal.com

  • ゴブリン x3
  • 詠唱:白翼への祈り x3
  • 天弓の天使・リリエル x3
  • 天界の忠犬 x3
  • 煌翼の戦士・リノ x3
  • 気高き教理 x3
  • 詠唱:獣姫の呼び声 x3
  • 御言葉の天使 x3
  • プリズムプリースト x3
  • 詠唱:神鳥の呼び笛 x3
  • デモンストライク x2
  • 鉄槌の僧侶 x3
  • 死の舞踏 x2
  • 天空の守護者・ガルラ x3

速攻型で扱いやすいビショップ。
疾走持ちフォロワーを出すアミュレットや、天空の守護者・ガルラやデモンストライクの採用により、素早く相手のリーダーを削り切るコンセプトに仕上がっています。
2ターン目に詠唱:獣姫の呼び声、3ターン目に詠唱:神鳥の呼び笛をプレイすることで、カウントが5ターン目に揃い、処理が追いつかないほどの量を一気に押し付けることができます。
基本的にはコスト通り出していき、フォロワーとアミュレットならアミュレットを優先。
ガルラが出る6〜7ターン目には決着がつくことでしょう。

御旗ロイヤル

オススメ度:A(マスターランクでの使用実績があり、高ランクでも通用します)
生成エーテル:4,400

shadowverse-portal.com

  • クイックブレーダー x3
  • ヴァンガード x3
  • オースレスナイト x3
  • ケンタウロスヴァンガード x3
  • 歴戦のランサー x3
  • メイドリーダー x3
  • アセンティックナイト x3
  • ノーヴィストルーパー x3
  • 冷酷なる暗殺者 x3
  • ニンジャアーツ x2
  • フローラルフェンサー x3
  • 王家の御旗 x3
  • 死の舞踏 x2
  • アルビダの号令 x3

フォロワーを複数出すカードが多く、横に並べたフォロワーを王家の御旗でまとめて強化して相手リーダーを叩くデッキです。
序盤はオースレスナイト、アセンティックナイトなどでフォロワーを横展開し、4ターン目に王家の御旗を出して総攻撃、という流れが理想。
この構成の場合メイドリーダーを出すと必ず王家の御旗が手に入るため、うまく横展開できていれば4ターン目に御旗が決まりやすいです。
王家の御旗が出た後は、ケンタウロスヴァンガード、冷酷なる暗殺者が疾走を持つようになるので、疾走持ちを次々に繰り出して一気に決着をつけましょう。
4ターン目にフォロワーが1体も残っていないと負け筋になるので、相手に除去されないように気をつけましょう。

ミッドレンジネクロ

オススメ度:B(想定通りに機能することは確認済みだが、高ランクで使うにはやや不安)
生成エーテル:5,300

shadowverse-portal.com

  • カルビースト x3
  • ケルトンファイター x3
  • スパルトイサージェント x3
  • ダークコンジュラー x3
  • 怪犬の墓守 3
  • 消えぬ怨恨 x3
  • 覇食帝・カイザ x3
  • ボーンキマイラ x3
  • 闇の従者 x3
  • ウルズ x3
  • 地獄の解放者 x3
  • 死の舞踏 x2
  • ゴーストライダー x3
  • 冥守の戦士・カムラ x2

ラストワードでフォロワーを出す効果を持つフォロワーを多数採用しており、フォロワーがなかなか途切れません。
闇の従者、地獄の解放者をウルズで増殖させるととても強い動きになります。
ゴールド枠をウルズと死の祝福で悩んだのですが、闇の従者、地獄の解放者と合わせて圧力をかけやすいウルズを採用しました。
相手はこちらのフォロワーを除去しづらい(あの方が怖くてたまらないだろ〜)ため、ゴーストライダーでの守護付与もそこそこの確率で決まるかと思います。
死の祝福があれば展開力はさらに盤石、マスターランクでも通用するようになります。

格安テンポウィッチ

オススメ度:B(想定通りに機能することは確認済みだが、高ランクで使うにはやや不安)
生成エーテル:5,600

shadowverse-portal.com

  • エンジェルスナイプ x3
  • 知恵の光 x3
  • 天弓の天使・リリエル x3
  • 古き魔術師・レヴィ x3
  • マジックミサイル x3
  • ゴーレムの錬成 x3
  • ミニゴブリンメイジ x3
  • ベビーウィッチ・エミル x3
  • 神秘の探求者・クラーク x3
  • デモンストライク x2
  • ルーンの貫き x3
  • 死の舞踏 x2
  • ゲイザー x3
  • 刃の魔術師 x3

エーテルの制約上ドロシーが採用できないため、調整にかなり苦労したデッキです。
どうしても手札が途切れやすくなるため、少しでも手札切れを軽減するためにミニゴブリンメイジを採用。
また、マナリアウィザード・クレイグは効果を発揮しづらいため、少しでも相手の体力を削り切りやすいよう、天弓の天使・リリエルを採用。
バーストダメージを出せる手段が限られているため、スペルブーストによるコスト軽減を生かしつつ、上手にフォロワーを並べましょう。

格安ランプドラゴン

オススメ度:B(想定通りに機能することは確認済みだが、高ランクで使うにはやや不安)
生成エーテル:6,200(これだけ6,000を超えてしまいました……)

shadowverse-portal.com

本家のランプドラゴンといえばダークドラグーン・フォルテ、サハクィエルルシフェルオーディン、バハムートなど、これでもかというほどレジェンドをふんだんに使って後半で一気に盤面を制圧するデッキでした。
これらの強力なレジェンドカードを1枚も採用できないため、調整に非常に苦労しています。
そこで軸としたのが、ギルガメッシュジェネシスドラゴンによる疾走ダメージ。
それぞれコストが重いですが5点、7点と大ダメージを叩き出すため、PPさえ加速できれば2、3枚で決着をつける可能性のある切り札として採用。
さらに、バハムートが採用できないため、オウルガーディアン、グリムリーパーなど守護ラインを厚めにすることで、序盤〜中盤の盤面の取り合いで極端に不利にならないようにしています。
プレイングとしては、序盤で竜の託宣ドラゴンナイト・アイラあたりをプレイしてなるべく早くPPブーストしていきたいところ。
中盤の盤面の取り合いではドラゴンウォーリアやオウルガーディアンで複数除去したり、灼熱の嵐で焼き払いつつ追い込まれないように立ち回り、ギルガメッシュジェネシスドラゴンへつなげられるように。

格安アグロエルフ

オススメ度:B(想定通りに機能することは確認済みだが、高ランクで使うにはやや不安)
生成エーテル:5,600

shadowverse-portal.com

  • ウォーターフェアリー x3
  • ベビーエルフ・メイ x3
  • 自然の導き x3
  • フェアリーサークル x3
  • 天弓の天使・リリエル x3
  • フェアリーウィスパラー x3
  • ブレスフェアリーダンサー x3
  • リノセウス x3
  • 森荒らしへの報い x3
  • ミニゴブリンメイジ x3
  • 御言葉の天使 x2
  • エルフプリンセスメイジ x3
  • 歴戦の傭兵・フィーナ x3
  • 死の舞踏 x2

調整に最も苦労したデッキ。
エンシェントエルフ、クリスタリアプリンセス・ティアといったレジェンドのみならず、リノセウス、エルフの少女・リザ、エルフナイト・シンシアと、これでもかというほどゴールド依存度が高いです。
そこで、エルフナイト・シンシアに代わるカードとしてブレスフェアリーダンサーを採用。
また、アグロデッキの強い味方である天弓の天使・リリエル、ミニゴブリンメイジ、御言葉の天使を採用することで、アグロ気質に戦えるように。
プレイングとしては、手札枚数に若干の余裕を残しつつフェアリーを横展開。ブレスフェアリーダンサーによる全体強化で一気に叩いたり、リノセウスのバーストダメージで一気に削り切ります。